Access2007 Runtime版 現金出納帳

現金出納帳をダウンロードする

現金出納帳
画像(1) 現金出納帳入力画面

Access2007で作成した入金と出金を入力するだけの単純な現金出納帳です。 月単位に現金出納帳を印刷出来ます。また、科目別月別に一覧表示できます。さらに科目毎に入力データの一覧表示が出来ます。 余計な機能がない分、扱いやすいと思います。 Runtime版ですのでAccess2007を新規に購入する必要はありません。
※ただし、Access2007版AccessRuntimeをダウンロードし(ダウンロードはこちらから) インストールする必要があります。なお、Access2007については、こちらも参照するといいでしょう。

インストール手順

ダウンロードした「genkinsuitoucho.exe」を解凍し展開されたフォルダを開きます。

セットアップ1
画像(2) 展開されたフォルダ

フォルダ内にある「setup.exe」を起動します。

セットアップ2
画像(3) セットアップ画面

セットアップ画面が表示されます。ここでは「次へ」をクリックします。

セットアップ3
画像(4) ユーザー入力画面

ユーザー名欄に入力します。現在の作業中のユーザー名が入力されるので変更しなければそのままで結構です。 所属欄は入力しなくても構いません。

セットアップ4
画像(5) セットアップ種類選択画面

セットアップの種類の選択画面が表示されます。ここでは「標準」をクリックします

セットアップ5
画像(6) インストール開始画面

インストールの準備が完了し、インストール開始画面が表示されます。ここでは「インストール」をクリックします。

セットアップ6
画像(7) インストール実行状況画面

インストールが開始されます。完了するまでこのままにします。

セットアップ7
画像(8) インストール完了画面

インストールが完了しました。「完了」ボタンで終了します。
マイドキュメントに「現金出納帳」というフォルダが作成され、そこに「現金出納帳.accdr」というAccessプログラムが作成されます。 同時に、デスクトップとスタートメニューにも「現金出納帳」というショートカットが作成されます。

アンインストール手順

セットアップ1
画像(9) 展開されたフォルダ

インストール時と同じように「setup.exe」を起動します。セットアップ画面が表示されます。「次へ」をクリックします。

セットアップ2
画像(10) 展開されたフォルダ

ここでは「削除」をクリックします。

セットアップ3
画像(11) 展開されたフォルダ

削除の確認画面が表示されます。「削除」をクリックします

セットアップ4
画像(12) 展開されたフォルダ

アンインストールが完了しました。コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」でもアンインストール出来ます。

現金出納帳 操作手引き

1.現金出納帳 起動

デスクトップに作成された「現金出納帳」を起動します。

アイコン
画像(13) 現金出納帳アイコン

現金出納帳のメニューが表示されます。

メニュー
画像(14) 現金出納帳メニュー

メニューから呼び出される画面は「現金出納帳」「一覧表示・帳票印刷」「科目マスタ編集」「決算情報」の4画面です。 「終了」ボタンで現金出納帳を終了します。

2.決算情報の設定

現金出納帳では、決算日の翌日から決算日までの1年間を会計期間とします。 既定値は「12月31日」となっています。変更したい場合には、この画面で設定します。

決算情報
画像(15) 決算情報

決算日の月と日をそれぞれ選択した後、「保存」ボタンをクリックします。

3.科目マスタ編集

現金出納帳では「入金科目」と「出金科目」をそれぞれ30科目まで自由に設定が出来ます。 既定値では「入金科目」が「商品売上」「預金」の2科目、 「出金科目」が「商品仕入」「消耗品費」「旅費交通費」「接待交際費」「通信費」「広告宣伝費」「事務用品費」の7科目となっています。

科目マスタ編集
画像(16) 科目マスタ編集

科目番号科目番号を入力します。10〜39までは収入科目、40〜69までは支出科目となります。既に入金や出金データとして使用している科目の削除は出来ません。
科目科目名を入力します。

3-1.科目の追加

科目マスタ追加1
画像(17) 科目マスタ追加

左側に「*」が表示された行がデータ追加行になります。 この「*」は新規追加行であることを意味しています。ここに追加したい科目データを入力します。

科目マスタ追加2
画像(18) 科目マスタ追加

追加行に科目番号と科目名を入力しエンターします。 入力中は左側に「鉛筆」マークが表示されます。これは、この行が現在編集中である事を意味しています。 データを入力すると同時に、すぐ下の行の左側に「*」が表示されます。

科目マスタ追加3
画像(19) 科目マスタ追加

科目名に入力後エンターすると入力が確定されます。確定すると左側の「鉛筆」マークは消えます。

3-2.科目の変更

科目番号の変更は出来ません。科目名の変更のみとなります。

科目マスタ変更1
画像(20) 科目マスタ変更

に変更したい科目名をクリックします。

科目マスタ変更2
画像(21) 科目マスタ変更

科目名を変更しエンターします。変更中は左側に「鉛筆」マークが付きます。

科目マスタ変更3
画像(22) 科目マスタ変更

科目名を変更後エンターすると入力が確定されます。確定すると左側の「鉛筆」マークは消えます。

3-3.科目の削除

科目マスタ削除1
画像(23) 科目マスタ削除

削除したい科目の左側の欄をクリックします。

科目マスタ削除2
画像(24) 科目マスタ削除

行全体が選択されます。この状態でキーボードの「Delete」キーを押します。

科目マスタ削除3
画像(25) 科目マスタ削除

科目データを削除してもよいか確認メッセージが表示されます。 削除してもよければ「はい」をクリックします。削除を止めたい場合「いいえ」をクリックします。削除すると元には戻せません。

科目マスタ削除4
画像(26) 科目マスタ削除

データが削除されます。

4.現金出納帳編集

入金データや出金データをこの画面で入力します。

現金出納中
画像(27) 現金出納帳

_餬彜間決算日を基準に会計期間を表示します。
⊇萢月入力処理する月を指定します。画面表示時に現在月を自動表示します。処理月が会計期間を超える場合、年度更新処理を行います。
A扱邨越前月までの残高が繰越金として表示されます。
て金額計処理月内での入金額の合計が表示されます。
ソ亢盂朷処理月内での出金額の合計が表示されます。
Ω什濟長処理月内の現在残高が表示されます。
年月日入金、出金データの発生日を入力します。
┣別科目マスタで設定した科目が入金、出金一緒に表示されるので、該当の科目を選択します。
摘要摘要を入力します。
入金額入金額を入力します。
出金額出金額を入力します。
現在残高現在残高を入力します

画面を表示する時に処理日が会計期間を超えていたら、年度更新処理をするかどうかの確認メッセージが表示されます。 年度更新処理をすると、前年度のデータの追加、変更、削除などは出来ないようになります。

5-1.入出金データ追加

入力行
画像(28) 入力行

入金または出金データの追加は左欄が「*」になっている行に行います。

年月日
画像(29) 年月日

データ追加行の,稜月日欄をクリックします。すると、△里茲Δ縫レンダーボタンが表示されます。

カレンダー
画像(30) カレンダー

カレンダーボタンをクリックすると、カレンダーが表示されますので、ここで入力日を指定します。 年月日欄に直接入力しても構いません。カレンダーを使用する際には、表示されるのが現在の年や月だという事に注意してください。 前月データなどを入力する場合、年や月を確認して入力します。

科目選択
画像(31) 年月日入力後

年月日の次は科目の選択をします。ここに該当の科目がなければ、科目マスタ編集で追加します。

追加結果
画像(32) 年月日入力後

摘要、入金額または出金額を入力し、エンターします。追加されると現在残高が更新されます。 また、ヘッダ部の入金額計、出金額計、現在残高も更新されます。

5-2.入出金データ変更

変更行特定
画像(33) 変更行特定

変更したい行を特定します。

データ変更
画像(34) データ変更

変更行の項目をクリックします。ここでは出金額を変更するため、出金額欄をクリックします。

変更結果
画像(35) 変更結果

直接データを変更した後、改行するまでエンターしていきます。変更が確定すると入金額計、出金額計、現在残高が変更されます。

5-3.入出金データ削除

削除行特定
画像(36) 削除行特定

削除したい行を特定します。削除したい行の左側の部分をクリックします。

削除行選択
画像(37) 削除行選択

行全体が選択されます。このままキーボードの「Delete」キーを押します。

削除確認
画像(38) 削除確認

科目データを削除してもよいか確認メッセージが表示されます。 削除してもよければ「はい」をクリックします。削除を止めたい場合「いいえ」をクリックします。削除すると元には戻せません。

削除結果
画像(39) 削除結果

データが削除されます。削除すると入金額計、出金額計、現在残高も変更されます。

6.一覧表示・帳票印刷

現金出納帳に追加したデータを、帳票や一覧に表示します。

一覧
画像(40) 一覧表示・帳票印刷

帳票は「現金出納帳一覧」、一覧表示は「科目別月別一覧」「科目別一覧」を表示します。

6-1.現金出納帳一覧

出納帳一覧
画像(41) 現金出納帳印刷例

現金出納帳に入力したデータを月別にまとめて印刷します。1年分印刷します。

6-2.科目別月別一覧

科目別月別一覧
画像(42) 科目別月別一覧

科目別に月ごと(会計期間の1年分)に集計して一覧に表示します。科目番号が10〜39は入金合計、40〜69は出金合計として集計されます。 最終行に入金合計−出金合計を算出します。最後の列には1年間の合計が算出されます。

6-3.科目別一覧

科目別一覧
画像(43) 科目別一覧

選択した科目の入出金データを一覧表示します。期間で表示するデータを絞り込みできます。これは会計年度に関係なく過去データも表示します。